536

● こんなお悩みはありませんか?

■亡くなった親がのこした遺言書の内容について納得できない。
■子どもたちで親の相続について話し合いたいが、どのように進めればよいのかわからない。
■相続人が大勢いるので遺産分割が面倒だ。
■親が亡くなる直前に、多額の預金が引き出された形跡がある。
■相続の際にもめないように、遺言書をつくりたい。

 
 

● ナリッジ共同法律事務所の特徴

当事務所では、遺言・相続に関するあらゆる法律問題をサポートいたします。

  • 相続人の調査
  • 遺産の調査
  • 相続分(遺言などがない場合に、民法で決められている分け方のこと)
  • 寄与分(被相続人の家業の手伝いや介護など、特別な貢献をしていた相続人に認められる遺産の取り分のこと)
  • 特別受益(被相続人が亡くなる前に、特定の相続人が受けた生前贈与などの利益のこと)
  • 遺留分(法律上、相続人に確保された最低限度の財産のこと)
  • 遺言書の作成、執行
など

「相続」は「争続」と言われるように、もめることが多く、親族間のもめごとはどうしても感情的になってしまいがちです。
解決には長い期間を必要とするケースもあり、心身ともにストレスがかかります。その負担を少しでも和らげるようサポートいたします。
ご自身が亡くなったあとに、周囲にもめてほしくないという思いから、遺言書を準備しておきたいという方のサポートも行っており、必要に応じて遺言執行者にも就任しています。
遺言書がなく、相続人同士での争いになってしまった場合は、できる限り早期に遺産分割ができるようお手伝いいたします。
相続においては、もめるつもりはなくても家族や親戚で争いとなってしまうことが少なくありません。
少しでも不安なことがありましたら、まずは一度ご相談ください。

 
 

お気軽にお問い合わせください

TEL.093-531-3515

受付時間:平日9:00〜17:00

お問い合わせはこちら