536

● こんなお悩みはありませんか?

■交通事故に遭ったが、今後、相手方や保険会社との間の手続きが、どのように進んでいくのかわからない。
■過失割合や保険会社の提示額が妥当か知りたい。
■治療の打ち切りと示談を迫られているが、示談金に納得がいかない。
■後遺症が残ってしまい、事故前のように働けなくなった。保障はしてもらえるのか。
■物損で請求額も大きくはないけれど、弁護士に依頼できるのか。

 
 

● ナリッジ共同法律事務所の特徴

突然、交通事故に遭い、怪我を負い、通院治療をしながら、保険会社や相手方の弁護士と直接交渉することは、心身ともに大きなストレスとなります。
また、ご依頼者の中には、このストレスから早く解放されたいと思うあまり、保険会社から提示された示談金額をそのまま受け入れてしまう方も少なくありません。
しかし、相手方加入の保険会社との交渉には、注意が必要です。専門知識に基づいた適切な判断をしなければ、予想外の不利益を被ってしまうことになりかねません。

当事務所では、損害賠償請求の手続きの流れを丁寧にご説明し、あなたの不安を払拭した上で、法的に正しい賠償額が認められるよう尽力いたします。賠償額は、経済的な補償という意味だけではなく、精神的な救済の面でも重要な要素になります。
当事務所では、高次脳機能障害相当や後遺障害等級第1級相当の被害の事案から、比較的軽微な物損事故の事案まで幅広く対応をしておりますので、どのような事故でも、まずは一度ご相談ください。

ご自身で加入されている任意保険の弁護士特約に入っている被害者の方の場合には、弁護士特約を利用していただくことが可能です。この場合、弁護士費用・報酬は原則的に保険会社が全額を負担しますので、ご依頼者自身が負担をすることはほとんどありません。
弁護士特約の利用がないご依頼者の場合であっても、弁護士費用のお支払い方法はご依頼者の事情に合わせてご提案いたします。
怪我の大小にかかわらず、保険会社との交渉に少しでも疑問がある場合は、お早めにご相談ください。

 
 

お気軽にお問い合わせください

TEL.093-531-3515

受付時間:平日9:00〜17:00

お問い合わせはこちら